読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

XDP-300Rを買ってみた

Cayin N3でiTunesの曲が問題無く他に移せる事が分かったので、

本命のDAPとしてPioneerのXDP-300Rを選びました。

 購入後2週間が経過したので簡単なインプレッションを書きます。

 

選定する際の条件はバランス接続可能でAndroid搭載、お値段5〜10万程度、という辺り。

最初はONKYOのDP-X1Aを考えていたのですが、

限定モデルの予約時期が終わっていました。

通常モデルの音や機能自体に不満は無さそうなのに、

限定モデルを買えなかった事をいつまでも後悔しそうな気がしたので、

姉妹機のXDP-300Rを選びました。

うわ、後ろ向き…

 

以下選定理由を追っかけます。

 

バランス接続は単純に試したかったからです。

長年SENNHEISERのie80を使っていましたが、

コネクタが特殊なのでリケーブル、特にバランス接続するハードルが高かったのです。

なのでイヤホンも新調してバランス接続をしてみたいというのが一番強い購入理由です。

 

Android機にしたのは、

ハイレゾ音源の購入からダウンロードまで一台でできるのを利点と思ってです。

まあ実際は…うーん。

 

5〜10万というザックリしたお値段は、

N3が3万弱という価格帯だったのでその上辺りから、ぐらいの意味です。

 

で、実際使ってなのですが。

最初に言っておきますが、

一回故障して無償交換しています。

で、その前後で大分印象が違います。

 

直接の故障部位は2.5mmのバランス接続端子です。

しばらく使ったら片側だけ音が出なくなりました。

購入後数日での故障という事で、

店頭での無償交換という対応をして頂けました。

ヨドバシさんとPioneerさんのご対応に心から感謝しております。

 

で、交換後に驚いたのですが、

操作感が別物でした。

 

交換前は物凄くセンシティブで、ぶっちゃけ使い物にならないとまで感じたタッチパネルが、

交換後はごく普通の反応の物でした。

iOS機ばかり使っていたので、

タッチパネルの異常に対しては「Androidってこんなもんなのかな」と思っていたのですが、

どうやら違ったようです。

代わりと言っては何ですが、

交換後の機体は操作感がモッサリに…

まあスマホみたいにガッツリ使う物じゃないんで良いんですけど。

 

操作感については店頭では何も言っていませんので、

これは純粋に個体差?と言いたいのですが、

運用を若干変えたからかも知れません。

交換前はgoogleアカウントを入れて普通のAndroid機としても使っていましたが、

交換後はアカウント関係の設定はスキップしていますし、

機内モードで完全にスタンドアローン運用です。

誤解の無いように書きますが、

スタンドアローン機能は使っていません。

交換後の方が機体自体の負荷は低そうな気もするんですが、

とにかくモッサリです。

 

そんな感じで若干不信な点があるのですが、

音自体は凄く良いです。

音質設定もかなり色々あり、

ネット上でもオススメ設定をチラホラ見かけます。

「俺のオススメを聴けー」と言いたくなる程度には充実しているんですね。

 

ちょっと期待していた機能として「クラブサウンドブースト」という低音増強系の設定があります。

イヤホンによるとは思うのですが、

自分が聴いた感じだと不要でした。

元の音がかなり良いので、ブーストすると不自然な感じが強くなりました。

中高音部がモヤっとしますし、低音もちょっとポヤポヤしてる感じでしょうか。

BA型のイヤホンなんかだといるんですかね?

 

イコライザーもしっかりあるのですが、

OFFの時の音で既に抜けが良く綺麗に伸びていくんで、

今の所OFFのまんまです。

この辺はN3との大きな違いでした。

 

音自体は交換前後で特に違いを感じません。

その辺は流石にしっかり作ってあると信じます。

 

アクセサリとして純正ガラスフィルムとケースを同時購入しています。

ガラスフィルムは交換前後とも自分で貼り付けていますが、簡単です。

実はiPhoneなどは全部淀の貼り付けサービスに頼っているので、

貼り付けスキルは限りなく低いのですが、

そんな私でも楽勝でした。

ケースはぴっちり過ぎるとの評がネット上で見られますが、

自分の分はそうでもないというか、何とか取り外しはできるレベルでした。

普通の革ケースですが、触った感じは滑りもせず良い感じです。

ケース無し運用もカッコいい機種だと思いますけどね。

 

サイズこそポケットに入るけど重さはシッカリある系。

胸ポケットには入れたくないです。

ボリュームやサイドボタンの操作感は流石Pioneerと手放しで褒めちぎります。

ボタンの微妙な凹凸具合は、ポケット内で手探り操作した時に絶妙だと実感できます。

ボリュームを回転させる時の一段階毎の感触や重さも良いですね。

画面は音楽アプリだけなら特に不満はありません。

交換前はブラウザで普通にネットを見たりしましたが、

スクロール時の残像感がかなりありました。

明るさは特に調節した覚えがありませんので、多分特別見難いとかはないのでしょう。

 

曲の転送は専用のソフトがあります。

直接SDカードに書き込める様ですがやっていません。

専用ソフトは若干癖がありますがすぐ慣れます。

決して使い勝手が良い訳ではないのは要注意ですが、

充分分かり合える範囲です。

 

総評としては。

私はアプリも含めて大体素のままでの運用に落ち着きましたが、

その意味では初心者にも優しい機種なのかも知れません。

ミドルクラスの機種に初めて手を出そうという人にとっても、

適度に設定も充実していてオススメです。

 

音とハード面は文句ありません。

家電量販店の店頭で展示してある事も多いので、

触って問題無い様でしたら選択肢に入れていいのではないでしょうか?

 

 

 

ちなみにお役御免になったN3は同僚に。

代わりにSDカードをもらいました。

それと故障した時にメーカー送りになると思って代替機を買おうと思っていたのですが、

店頭で即時交換だったので買えませんでした。

機種選定も頑張ったのに残念…